ジムに通う前のお手入れ(ムダ毛)方法

  • TOP PAGE
  • ついにサロンで脱毛することを決めたならば

ついにサロンで脱毛することを決めたならば

ついにサロンで脱毛することを決めたならば、まずは情報を集めることから初めることをアドバイス致します。

各脱毛サロンは非常にバリエーションに富み、他と全く同じサービスをするエステというのはありません。

個人によりそのお店の印象は異なるものですから、よく考えて決めることが大切です。

エステ、サロン、クリニックの中から、脱毛ができる所を選んで、自分が受けたいサービスを提供しているのはどこか見極め、その後でお店を選ぶことをオススメします。毛が多い方は脱毛効果が芳しくないと期待通りの結果が出ないので、医療機関で行う脱毛のほウガイいです。

さらに、医療を通じての脱毛は施術をするのが医師や看護師なので、肌について心配なことが起きたり火傷をされてしまった時もしかるべき対応をしてもらえます。医療脱毛の勧誘は少数ですが、エステでの脱毛は勧誘されることもあります。

体毛が目立つのを何とかしたい場合、永久脱毛するのも一つの選択です。永久脱毛は脱毛クリニックで施術される医療脱毛なので、エステサロンでは扱えません。何となくと言えば、永久脱毛は法律で医療行為とされるからです。

沿ういう事情から、もし、永久脱毛をうけるためにサロン通いをする場合は、脱毛クリニックに行って施術して貰うことになります。

脱毛エステにどれくらいの期間がいるのかというと、大体2、3か月に1回の施術を十分になるまでつづけますから、全員同じというりゆうではありません。施術が6回で十分だと思ったら、大体1年から1年半の期間になります。

一つの部位で12回程度施術をすれば十分だといわれることが多いので、大体2年半ぐらいは通うことになるでしょう。毛の周期に沿った施術をする必要があるため毎月受けても大きな効果は得られません。

ニードル法で脱毛を行うと、毛根内に細いニードルを直接差し込み、電流を流して施術を行うため、施術を受けた直後は赤みのある跡が残る可能性があります。

でも、施術の後に脱毛箇所をしっかりと冷やすと翌日にはすっかり跡が無くなっている事が多いですので安心して下さい。脱毛エステがどの程度安全なのか、すべてのエステサロンを一律には語れません。

非常に安全性に信頼をおける店もありますし、安全性を無視している所が無いとも言えません。脱毛するためにエステに行こう!と思ったら、その前に実際利用した人の意見を見るのが1番確実です。

さらに、実際に体験コースを試したりして、「やっぱり辞めたい」と途中で思った場合は、そこで打ち切りましょう。脱毛器の中にはデリケートなところに使用可能なものと使用不可能なタイプがあります。

使用不可能なものを無理にデリケートゾーンに使ってしまったら、肌が荒れたり火傷を起こす原因となるので絶対に辞めましょう。デリケートゾーンの脱毛をするなら、しっかりと使用可能な脱毛器を購入して下さい。正直、脱毛エステに痛みは伴うのかというと、痛さは気にならないことが多いと思います。

よく表現される例として、肌を輪ゴムでパチンとはじいた時の痛みと近いと言われます。

沿うはいっても、脱毛する場所がちがえば痛点の分布持ちがいますし、人によって、痛みに強い、もしくは弱いといったちがいがあります。契約書にサインする前に体験メニューなどを実際に受けてみて、我慢でき沿うな痛みか判断して下さい。

毛深い体質の人の場合、脱毛エステを利用しても脱毛を完了させるまで、つまり満足できる状態に仕上げるまでに長い時間を費やすことになるようです。

たとえば普通の人が脱毛を12回ほどで済ませてしまえるところをちょっと毛深い人はさらに5、6回追加で通う必要があるかも知れません。

時間をあまりかけたくない人は、医療系の脱毛クリニックを選んで施術を受けると期間は短く済むことでしょう。とはいえ、脱毛クリニックで施術に使う機器は効果が高くパワーもそれなりに大きいので、施術時の痛みが少々強いと感じる人が多いようです。

関連記事

メニュー

ついにサロンで脱毛することを決めたならば、まずは情報を集めることから初めることを

Copyright (c) 2014 ジムに通う前のお手入れ(ムダ毛)方法 All rights reserved.